最新の刺青除去でキレイになくなるタトゥー跡|プロに任せて良かった

female

刺青における今後の課題

刺青の問題点

脚

昨今、安価で入れることの出来るタトゥーが若者の間で流行し、入浴禁止や遊泳禁止といった社会問題に発展しています。しかし、若い世代にかっこいいと思ってつい入れてしまったタトゥーや刺青も年令を重ね、社会の様々な局面に向かい合う時期に差し掛かると後悔する者も少なくないのです。結婚や就職、子育てなどを理由に刺青除去を希望する若者は大阪などの都市部を中心に増加傾向にあります。大阪は東京、神奈川に次ぐ日本第3位の人口を抱える大都市で西日本における情報発信の街とも言える存在ですから、こういった治療を望む患者に比例するように各種の専門医だけでなく美容整形や皮膚科でも処置を行っています。しかし、どちらの治療院を選んでも保険適用外ですから全額負担となってしまうのは致し方ありません。

今後の治療法

刺青除去にはレーザーで焼く方法と刺青が彫られている皮膚そのものを切除してしまうものの二つが存在します。大阪に限ったことではありませんが、どちらの方法も一長一短があり、時間と治療費がかかるという点では同じでしょう。レーザーによる刺青除去は患部にレーザーを照射して色素を消していくものですが、1度の治療で消し去ることはできません。照射を繰り返すことによって次第に薄くなっていくという具合で完全に消し去るまで、刺青の状況にもよりますが1年前後は掛かるでしょう。また切除による刺青除去は綺麗サッパリ無くなりますがデザインが複雑だったり面積が大きいと複数回に分けて切除しなければなりません。この場合前回の傷跡が完全に瘉えるのを待たなければなりませんからやはり時間がかかります。最近、大阪の美容外科に導入された治療法にピコレーザーというものがあり、これは従来のレーザー治療の半分の時間で刺青を消去することができるそうです。今後はこの治療法が主流になって行きそうです。

Copyright©2015 最新の刺青除去でキレイになくなるタトゥー跡|プロに任せて良かった All Rights Reserved.